滋賀のママによるプレママからベビー向け子育て情報|シガマンマベビー

妊娠後期

【妊娠後期】体験レポート:予定帝王切開当日(前日入院、麻酔科医の事前説明、18時夕食、手術当日朝より絶飲絶食、午前中点滴開始、午後手術、夜〜翌日抗生剤投与・術後経過観察

5歳女の子、3歳男の子、0歳男の子を育てる育休中ママちぇりるです。

今年214月、宇治徳洲会病院にて、予定帝王切開で出産した第三子の入院体験を共有します。

予定帝王切開の方、自然分娩予定の方が入院生活のイメージ作り、また病院選びの参考にして頂けたら幸いです。

2021420日 入院日

◎麻酔科医と面談、手術時〜術後の麻酔について説明

18時夕食、22時以降絶食

21時下剤服薬

←入院前日のお食事です

2021421日 手術当日

8時以降水分含め絶飲絶食

10時 点滴開始

15時 術用ソックス着用〜手術室へ

(実際は1530分にオペ室に移動)

1621分 出生

17時 測定〜家族が先に面会

1730分 病室に戻る〜術後観察

1830分 赤ちゃんと対面〜授乳

◎翌朝までは、点滴の交換や検温、血圧測定などで1時間〜2時間起きに看護師さんが出入り

この日はオペが2件あり、後半組での手術のため夕方出生となりました。

手術時の腰つい麻酔が切れてからは、硬膜外麻酔という別の麻酔を外から投与してもらっていたので、痛みそのものはなく、寝返りが打てない、などの辛さも気になりませんでした。ただ、点滴の交換や術後の経過観察で看護師さんも頻繁に出入りするので、ウトウトする程度で熟睡はできませんでした。

2021427日時点では、出産した宇治徳洲会病院では、一定条件の下で家族1名の立ち会いもしくは出生直後の面会が可能でした。

宇治徳洲会病院

https://www.ujitoku.or.jp/



※当サイトに記載している内容は個人による見解です。

注目記事

LINEで送る
チェリル
年長の女の子、年少の男の子、0歳の男の子の3人を育てるフルタイムワーママです。 夫婦とも、両親が遠方に住んでるので、"家族だけで回せる方法"をコンセプトにいつも考えています。 3人ともつわりが酷く、基本的には生まれる直前まで不調に悩まされました。 そんな中で、自身の体験談、使ってみて良かったものなど、情報発信させて頂けたら嬉しいです!そんな中、子育て体験、妊娠期の過ごし方などをお伝えしながら、皆さんのお役に立てたら嬉しいな、と思います。
2021.4.27妊娠後期, 出産準備, , 298 view

「シガマンマベビー」広告掲載のご案内

滋賀のママによるプレママから
ベビー向け子育て情報
「シガマンマベビー」

サービス名「シガマンマベビー」のシガマンマは「ママ(イタリア語ではマンマ)×滋賀のまんま」を掛け合わせた造語。
滋賀に暮らし、子育て中のママがママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になる情報を配信。
「シガマンマベビー」では滋賀県在住のママが自身の子育て経験を元に子育てに役立つ情報を配信。「滋賀で子育てを頑張るママ」を応援することをメインテーマとしています。

滋賀のママによるママのためのニュース|シガ・マンマ