滋賀のママによるプレママからベビー向け子育て情報|シガマンマベビー

妊娠後期

【妊娠後期】体験レポート:病院からの嬉しいサービス③ディナー・お祝い膳・デザートビュッフェ

6歳の女の子、4歳の男の子、0歳4か月の男の子を育てる育休中ママちぇりるです。

NICUがある総合病院であれば、ママだけでなく赤ちゃんにもしものことがあっても安心だと思い選択しましたが、上の子2人の時にお世話になった総合病院は、食事はどちらかと言えば病院食の印象が強く、やっぱりお食事は個人病院の方が充実しているのかもしれないな、と感じていたことがありました。

安心して生まれるのが一番だから、と食事面は二の次で考えていましたが、今回お世話になった宇治徳洲会病院では、21年2月前後より食事面にも力を入れ始めたのだとか。確かに出産はお母さんにとって命がけのことなので、病院でより安心して出産できるのはとても大切なことですが、けして病気で入院しているわけではないので、お食事は美味しいものを食べてもらいたい、というコンセプトだと、助産師さんが教えて下さいました。

私の場合は帝王切開だったので、術後翌日の回復食はお粥から始まるのかな…、と(前回までの病院がお粥だったので)思っていたのですが、しっかりとした一汁三菜のお食事が出てきました。さらに翌日夜にはテーブルいっぱいの豪華なディナーが出てきて、お祝い膳と勘違いした私は、「すみません、お部屋間違えています」と思わず配膳の方に伝えてしまいました。

すると、火曜日と金曜日は皆さんにそのようなお食事を提供しているとのこと。私が入院していた時には、火曜日が和食、金曜日が洋食のディナーなのだそうです。

それとは別に産後5日目にお祝い膳のサービスがありました。

さらに、いつも3時には美味しいおやつが出てきてとても楽しみにしていたのですが、産後5日目にはデザートビュッフェの嬉しいサービスもあり、ワゴンに並べられたスイーツを好きなだけ選ばせてもらうという贅沢な時間も味わうことができました。入院中は、カフェインレスほうじ茶・紅茶・コーヒーを部屋でセルフで飲むことができたのもとてもありがたかったです。

助産師さんが「出産を頑張ったお母さんに」とワゴンをもってきて下さったのですが、帝王切開だった私は、どちらかと言えば頑張ったのは先生のおかげで、私自身が何かしたわけではないので…、と少し卑下していました。すると助産師さんは、「育てていくのは(自然分娩も帝王切開も)同じ。むしろ病気でもないのに手術をして痛い思いをして産んだんだから、ご褒美があっても良いんじゃない?」という労いの言葉をかけて下さり、その言葉にとても救われました。

宇治というと遠いイメージをもっていましたが、南草津駅の自宅からバイパスから高速に乗れば20分ちょっとの距離にあり、その近さに驚きました。

総合病院ということで安心感があり、さらにお食事面でも配慮してもらえるのは、とてもありがたいと感じました。

これから出産される方の病院選びの参考になれば嬉しいです。

宇治徳洲会病院:https://www.ujitoku.or.jp/



※当サイトに記載している内容は個人による見解です。

注目記事

LINEで送る
チェリル
年長の女の子、年少の男の子、0歳の男の子の3人を育てるフルタイムワーママです。 夫婦とも、両親が遠方に住んでるので、"家族だけで回せる方法"をコンセプトにいつも考えています。 3人ともつわりが酷く、基本的には生まれる直前まで不調に悩まされました。 そんな中で、自身の体験談、使ってみて良かったものなど、情報発信させて頂けたら嬉しいです!そんな中、子育て体験、妊娠期の過ごし方などをお伝えしながら、皆さんのお役に立てたら嬉しいな、と思います。
2021.8.29妊娠後期, 産婦人科, , 20 view

「シガマンマベビー」広告掲載のご案内

滋賀のママによるプレママから
ベビー向け子育て情報
「シガマンマベビー」

サービス名「シガマンマベビー」のシガマンマは「ママ(イタリア語ではマンマ)×滋賀のまんま」を掛け合わせた造語。
滋賀に暮らし、子育て中のママがママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になる情報を配信。
「シガマンマベビー」では滋賀県在住のママが自身の子育て経験を元に子育てに役立つ情報を配信。「滋賀で子育てを頑張るママ」を応援することをメインテーマとしています。

滋賀のママによるママのためのニュース|シガ・マンマ